ノッティングヒルの恋人

d0071244_23513338.jpg
私のとっても好きな映画。
先週TVで放送されてました。
前に録ったビデオは見すぎてびろびろになっちゃうくらい、何度も観てます。でも、飽きない。

ロンドンのノッティングヒルで本屋を営むウィリアムと、彼の店に偶然やって来たハリウッドの有名女優アナとのラブストーリー。

優しくて人のいいウィリアムだけど、いまいち自分に自信が持てなくて、アナに惹かれても生きる世界が違うとあきらめ気味。
アナは、有名だからこそゴシップに傷いたり、忙しさに流されたり。
ウィリアム役のヒュー・グラントも人の良さがにじみ出てるし(あのタレ目に)、ジュリア・ロバーツもめちゃくちゃカワイイ。
でも私の中で結構重要なのが、同居人のスパイクや、ウィリアムを支えて勇気づけてくれる、ちょっと変わった周りの友達。彼らの存在がすごくいいの~。 スパイク、笑える!

大好きだから、書き出したらキリがないんだけど、この映画を何度も観ちゃう理由は、すごく幸せな気持ちにさせてくれるから。
一番最後、エルビス・コステロの‘She'をバックに映し出される二人の姿。
お庭のベンチで本を読むウィリアムに膝枕してもらってる妊婦のアナ。
う~、なにげない二人の様子に、幸せが溢れ出てる。 

『ローマの休日』をもとにしてるお話というのは、記者会見の場面を観ると、うんうんと納得。
でも結末は...やっぱりハッピーエンドがいいのです。  













d0071244_04589.jpg
She , May be the reason I survive
The way and wherefore I'm alive
The one I'll care for through the rough in
ready years
Me , I'll take her laughter and her tears
And make them all my souvenirs
For where she goes I'll got to be
The meaning of my life is She

************************************
彼女がいるから 僕は生きている
彼女こそ 僕の生きる理由
どんな時も 愛し続ける 
ずっと変わらず
彼女の笑顔と涙を受け止めて
すべて 僕の思い出に
彼女がどこへ行こうと
僕の人生は 彼女のため 
僕の愛する人...
[PR]
by jun-favorite | 2007-01-23 00:54 | 映画
<< ふわふわ カフーを待ちわびて >>